輸入車のエアコン修理、車の故障、パーツの修理・交換など、Studio Mac.修理館にご相談下さい

車の修理価格一覧

車検

バッテリー交換

車の修理お悩み回答

年間の修理対応件数

1位 エアコン関連

1位

毎年、夏場の6~9月にかけてが修理のピークなりますが、暑くなるのが早いと4月位から修理の依頼があります。

2位 電子製品関連

2位

電子製品の中で多いのが、ECUとナビコンピュータの二つです。リンク品対応ができる製品もございます。

3位 サプライポンプ関連

3位

シーズンを通して平均的に依頼のある修理が、コモンレールとインジェクターの2項目になります。

修理事例

エバポレーター交換

車種:レクサスLS600h

カテゴリ:LEXUS, エアコン

一昔前までは、エアコン修理で室内のエバポレーターを交換する時は、グローブボックスを取外すだけでエアコンユニットが取外せ、簡単に交換できました。
しかし最近の車両はダッシュボード、ハーネス、リーンホースメントなどを外さないとエアコンユニットが外れません。
画像を見ても分からないかもしれませんが、ダッシュボードを取外してエアコンユニットを取外した所です。
この作業はフロントシートから前のほとんどの部品を取外します。
取外す部品、ビス、カプラーは数十点。これを元通りに復元するのにはかなり気を使います。
部品付け忘れ=「振り出しに戻る」ですから・・。
当社のメカニックはこの作業、非常に慣れています。なぜなら輸入車のエバポレーター交換は、昔からこのようにダッシュ外しなので。
ベンツのW124,W140などに比べるとやはり国産車は作業性が良いですね。

修理担当者のコメント

エアコン修理と言っても作業の難易度は色々あります。 エアコン修理は経験豊かな当社にお任せください。

お問い合わせはこちら

車種別の修理事例

カテゴリー別の修理事例

最近の修理事例

修理受付内容

電子システム診断

電子製品修理

電装品修理

ナビ、オーディオ修理

エアコン修理

コモンレール修理

冷凍機修理

バッテリー上がり

リビルト品販売

車検、整備

TOPに戻る