輸入車のエアコン修理、車の故障、パーツの修理・交換など、Studio Mac.修理館にご相談下さい

車の修理価格一覧

車検

バッテリー交換

車の修理お悩み回答

年間の修理対応件数

1位 エアコン関連

1位

毎年、夏場の6~9月にかけてが修理のピークなりますが、暑くなるのが早いと4月位から修理の依頼があります。

2位 電子製品関連

2位

電子製品の中で多いのが、ECUとナビコンピュータの二つです。リンク品対応ができる製品もございます。

3位 サプライポンプ関連

3位

シーズンを通して平均的に依頼のある修理が、コモンレールとインジェクターの2項目になります。

修理事例

メーターにチャージランプが点いた

車種:イスズ ビークロス(1997.8)

カテゴリ:いすゞ, その他

まず、エンジンを始動させてオルタネーターの端子電圧を確認します。

IG端子 12V OKです。L端子 2Vほど これはNGです。

通常はイグニッションキーONでチャージランプ点灯。その後、エンジンが始動するとオルタネーターL端子から12Vが発生し、チャージランプを消灯させます。
なので、今回はオルタネーターのL端子から12V出力していないため、チャージランプが点きっぱなしになっています。

オルタネーターのカプラーを外してみます。まだチャージランプは消えません。

カプラーを外すと、チャージランプのマイナスが浮く為、ランプは消えるはず・・。

L端子の回路にリレーがつながっている為、リレーも外してみます。

まだ消えません。L端子、アース間の抵抗を測定すると70Ωほど。

どこかでボディーショートしている様子。
配線がのびている先を調べると(画像)白い配線に黒い箇所があります。矢印の鉄ステーとショートしてました。

これが原因で、オルタネーターが故障したことになります。
オルタネーターを交換し、発電量を測定し完成。チャージランプも無事消灯しました。

修理担当者のコメント

オルタネーターの内部寿命の他に、今回のような外部要因で故障することもあるので、注意が必要です。

お問い合わせはこちら

車種別の修理事例

カテゴリー別の修理事例

最近の修理事例

修理受付内容

電子システム診断

電子製品修理

電装品修理

ナビ、オーディオ修理

エアコン修理

コモンレール修理

冷凍機修理

バッテリー上がり

リビルト品販売

車検、整備

TOPに戻る