輸入車のエアコン修理、車の故障、パーツの修理・交換など、Studio Mac.修理館にご相談下さい

車の修理価格一覧

車検

バッテリー交換

車の修理お悩み回答

年間の修理対応件数

1位 エアコン関連

1位

毎年、夏場の6~9月にかけてが修理のピークなりますが、暑くなるのが早いと4月位から修理の依頼があります。

2位 電子製品関連

2位

電子製品の中で多いのが、ECUとナビコンピュータの二つです。リンク品対応ができる製品もございます。

3位 サプライポンプ関連

3位

シーズンを通して平均的に依頼のある修理が、コモンレールとインジェクターの2項目になります。

修理事例

デンソー「DST-クラウド」を使用した、プリウスの車両健康診断

車種:プリウス

カテゴリ:その他, トヨタ

デンソーの診断機「DST-i」と「DST-PC」を使用して「DST-クラウド」の車両健康診断というものをご紹介します。

詳しくはこちら http://www.ds3.denso.co.jp/dst-i/
今回使用するのはこちら、プリウスです。

DST-クラウドのバージョンアップで20、30プリウスも健康診断できるようになりました。

こちらから対応車種が確認できます。 http://www.ds3.denso.co.jp/dst-i/manuals.html

PC~DSTi~車両と接続します。

DST-クラウドの画面です。PCで行うので普通の診断機と違い、大変見やすいです。

車検証を見ながら必要事項を入力していきます。

指示に従い進めていきます。 ここで整備モードにするよう指示が出ました。
整備モードとは、HVはエンジンと電気を自動的に切り替えますが、その機能を一時停止させ、エンジンがかかっている状態を持続させます。

さらに進めると今度はエンジン水温が低いので、上げるよう指示が出ました。

あとは自動診断、途中アクセルを踏むように指示が出ます。

約20分ほどで終了です。
結果はこのように出力できます。

修理担当者のコメント

いかがでしょうか? 大切なお車の現在の状態を知るには、とても良いと思いませんか?
DST-クラウド対応車種であれば、1,080円(税込)で健康診断ができます。

お問い合わせはこちら

車種別の修理事例

カテゴリー別の修理事例

最近の修理事例

修理受付内容

電子システム診断

電子製品修理

電装品修理

ナビ、オーディオ修理

エアコン修理

コモンレール修理

冷凍機修理

バッテリー上がり

リビルト品販売

車検、整備

TOPに戻る