輸入車のエアコン修理、車の故障、パーツの修理・交換など、Studio Mac.修理館にご相談下さい

車の修理価格一覧

車検

バッテリー交換

車の修理お悩み回答

年間の修理対応件数

1位 エアコン関連

1位

毎年、夏場の6~9月にかけてが修理のピークなりますが、暑くなるのが早いと4月位から修理の依頼があります。

2位 電子製品関連

2位

電子製品の中で多いのが、ECUとナビコンピュータの二つです。リンク品対応ができる製品もございます。

3位 サプライポンプ関連

3位

シーズンを通して平均的に依頼のある修理が、コモンレールとインジェクターの2項目になります。

修理事例

社外ナビゲーションの自車位置がずれる

車種:プジョー307

カテゴリ:PEUGEOT, カーナビ

ユーザーのお話を聞くと、車速パルスが取れていない様子。
車両購入店ではプジョーではよくあることと言われたそうです。
ナビの接続確認画面で見ても車速パルスが入力されていません。
307の前期型はエンジンルームから車速を取り出しますが、こちらの後期型はグローブボックスの奥に車速信号と書かれたタグ付きの配線がきているはずです。
車両を確認すると配線はきており、ナビの車速信号線もそこに接続されています。
しかし、オシロスコープを使いパルスを確認すると、そこには信号がきていませんでした。
車両に不具合がおきているようです。
そこで、前期型の取り出し位置であるエンジンルームの配線を確認すると該当する配線はありませんでした。(プジョーは色ではなく配線に書かれている、非常に見づらい数字で判別します)
なんとしても見つけようと、片っ端からそれらしい線にオシロをつなぎ走行、やっと見つけました。きちんと速度によって時間軸の幅が変化します。
走行テストをして自車位置がずれない事を確認して完成です。

修理担当者のコメント

古い車両や、特殊な車両でも車速パルスを取り出す方法はあります。 お困りの方は是非ご相談ください。

お問い合わせはこちら

車種別の修理事例

カテゴリー別の修理事例

最近の修理事例

修理受付内容

電子システム診断

電子製品修理

電装品修理

ナビ、オーディオ修理

エアコン修理

コモンレール修理

冷凍機修理

バッテリー上がり

リビルト品販売

車検、整備

TOPに戻る