輸入車のエアコン修理、車の故障、パーツの修理・交換など、Studio Mac.修理館にご相談下さい

車の修理価格一覧

車検

バッテリー交換

車の修理お悩み回答

年間の修理対応件数

1位 エアコン関連

1位

毎年、夏場の6~9月にかけてが修理のピークなりますが、暑くなるのが早いと4月位から修理の依頼があります。

2位 電子製品関連

2位

電子製品の中で多いのが、ECUとナビコンピュータの二つです。リンク品対応ができる製品もございます。

3位 サプライポンプ関連

3位

シーズンを通して平均的に依頼のある修理が、コモンレールとインジェクターの2項目になります。

修理事例

エアコンが効かない

車種:ジャガーSタイプ(2004.3)

カテゴリ:エアコン, ジャガー

ガス圧力を点検します。

低圧4.5K 高圧9.0K

低圧が高く、高圧が低いことが分かります。
コンプレッサーの圧縮不良です。
コンプレッサーにつながる配管を取外し、エアコンサイクル内を確認しても汚れがないため、コンプレッサーの交換だけで直りそうです。
エアコンサイクル内が黒く汚れている場合は、コンプレッサー内部の壊れた破片が回ってしまっているので、ほぼすべてのパーツを交換することになります。
コンプレッサーを交換して性能点検

低圧1.8K 高圧13K 吹出し口温度4℃

最後にガス漏れ点検をして完成です。
ちなみにこの車両の低圧バルブは写真のように面白い場所にあります。

修理担当者のコメント

当社ではエアコンの添加剤や漏れ止め剤の使用はお勧めしていません。 エアコン不調の場合は、原因になる部分を直さないと本来の性能が発揮できないだけでなく、エアコンサイクルすべてがダメになることもあります。

お問い合わせはこちら

車種別の修理事例

カテゴリー別の修理事例

最近の修理事例

修理受付内容

電子システム診断

電子製品修理

電装品修理

ナビ、オーディオ修理

エアコン修理

コモンレール修理

冷凍機修理

バッテリー上がり

リビルト品販売

車検、整備

TOPに戻る